糖尿病

糖尿病の犬に与えるドッグフードは?

糖尿病は人間にとってもワンちゃんにとっても怖い病気だと言えます。
飼い主さんは、是非病気にならないように気をつけてあげて欲しいと思いますし、もしなってしまった時は正しい方法で対応してあげて頂きたいと思います。

ワンちゃんが糖尿病になってしまうと、インスリンが不足してしまい、その結果血中の糖分が多くなってしまいます。
人間社会でも糖尿病は今や現代病とまで言われていますが、犬の世界でも危険な病気の一つとして認識されています。
糖尿病を引き起こしてしまう原因は色々あります。
遺伝的なことやストレスなどでも起こることがあります。
しかし、一番の原因は所謂太り過ぎです。
そしてその原因もやはり人間と同じで、運動不足であったり、食べる量が多かったりカロリーを必要以上に摂ったことがあげられます。

家の中でワンちゃんを飼っている場合、どうしても運動不足になりやすく、肥満になりやすいといったデメリットがあります。
ですから、そのあたりのことも気を付けてあげて頂きたいのです。
ワンちゃんが糖尿病になると、どんどん痩せて行きます。
食べているのに痩せて行きます。

ドッグフードの中に糖尿病の犬用のものもあります。
もしも愛犬が糖尿病になってしまった時は、病院で正しい治療を受けながら専用のドッグフードを与えてあげると良いでしょう。
糖をコントロールしてくれる良いドッグフードがあります。
また、一番良いのは糖尿病の治療や対応をすることよりも、糖尿病にならないように気をつけながら生活させることです。
太り過ぎにならないように日頃から気を付けたり、運動を積極的にさせるなどして、是非糖尿病予防をしましょう。
糖尿病は、できるだけ早くに発見できれば、それだけ早く治療も進めて行くことができます。
ですから、おかしいと思ったら早めに病院に連れて行きましょう。
ドッグフードも食事療法にシフトし、獣医師の診断を仰いでください。

糖尿病予防に、ワンちゃんと飼い主さん一緒に運動を始めてみるのも良いかもしれません。
一緒のお散歩は、飼い主さんにとっても良い運動になるでしょう。