糖尿病

ヘルニアの犬に適したドッグフード

健康なワンちゃんであれば、あまり心配せずにドッグフードを選んであげることができるでしょう。
材料を吟味して安全のものを選べば大丈夫です。
しかし、体調に何らかの問題がある場合などは、考慮しながら合うものを選んであげます。

椎間板ヘルニアとは、椎間板の繊維が変形してしまったり、椎間板にある髄核が飛び出してしまうものです。
これによって、骨髄にダメージを与えてしまいます。
ヘルニアになる原因も色々あるのですが、遺伝であることもあります。
また、太りすぎていたり、ジャンプや身体をねじるなどの激しい運動をしたことがきっかけになることもあります。
また、老化による場合もあります。
つまり、どのような種類のワンちゃんであっても、ヘルニアになる可能性はあるということです。

ヘルニアになると、あまり動きたがらなくなったり、何となく後ろ足がフラフラしているように見えることがあります。
しかし症状が重くなってくると、痛がったり、歩けなくなったり、麻痺が見られるようになってきます。
毎回抱っこする時に鳴くなどする時は、ヘルニアを疑った方が良いかもしれません。

ヘルニアのワンちゃんは、ダイエットが必要な場合もある為、本当はたくさん運動させたいところなのですが、それが難しい場合が少なくありません。
過激な運動をさせることで症状を悪化させてしまったり、そもそも運動が難しい場合もあるからです。
ですから、低カロリードッグフードを与えるダイエットを目指す方が安心です。
ドッグフードの量を減らすなどの方法よりもダイエット用のドッグフードを与えるほうが犬にもストレスになりません。
但し、病院での治療はきちんと続け、医師の指示に従ってください。

ヘルニアはワンちゃんにとっても辛いもの。
特にダックスフントやコーギーはなりやすいといわれています。
【参考】ダックスフンドのためのフード:http://www.awaikeda.jp/catv_main.htm
できればヘルニアになる前に予防したいもの。
太らせないようにしたり、床にマットなどを敷く、階段など段差の激しいところなどは登らせたりしないなどの予防方法もお勧めです。